キャッシング滞納、返済しないとどうなる?

キャッシングの返済日に支払いができず、滞納した場合はどうなるのでしょうか?一般的な例で見てみましょう!

まずは、金融機関から電話がかかってきます。
支払いが遅れる一番多い理由が「返済日を忘れていた」というもの。この場合、電話が来たら「すみません、忘れていました。○○日までに必ず入金します」のように返済を約束しましょう。
決められた返済額がすぐに用意できない場合には、とりあえず相談することになります。「いま○万円だけしか用意できないのですが・・・」などと、具体的にいくらなら払えるかを伝えるとスムーズです。

金融機関からの電話に出られなかったり、電話を受けても「いまは1円も払えないです」などと返済の意志を示せない場合は、郵便で督促状が届き始めます。
場合によっては、自宅に直接訪問してくることもあります。
このような状態になったら「1円も払えない」では話が進みません。「1万円だけならいま払えますので」と、少額でもいいので返済する意志があることを示しましょう。

電話にも出ず、督促状が届いても返事や入金もしないでいると、信用情報機関に返済が滞っている旨の記録が付くことになります。いわゆる「ブラックリスト入り」です。
こうなると、もしほかの金融機関からも借入がある場合は、追加で借り入れすることがほぼ不可能になります。新規でキャッシングを利用することも難しくなります。

いずれの場合でも、決められた返済日から1日でも遅れたら、遅延損害金が発生し、通常よりも多く返済することになってしまいます。
最終的には法的整理になっていくことになります。
滞納した場合には金融機関と真摯に向き合って、こまめに連絡をしながらきちんと対応し続けることが大事です。

カテゴリー: キャッシング利用 | タグ: , , , , , , , , , | キャッシング滞納、返済しないとどうなる? はコメントを受け付けていません。

大学・専門学校・高校・私立中学などの受験料・入学金・学費の納入でお金を借りたい!

子供が高校・大学や専門学校などを受験したり、入学するとなると、入学するまでの短期間にさまざまな費用がかかります。

例えばこのような費用が・・・

・入試を受けるための受験料や、受験する際の交通費・宿泊費
・合格したら納入期限までに入学金
・入学手続きをするには初年度の学費や寄付金・施設負担金など

さまざまな出費を全部合わせると100万円を超えるような場合も。
1ヵ月・2ヵ月といった短期間にまとまった出費となるため、あらかじめ貯金や保険などで用意出来ていない場合には、お金を借りるしか方法がありません。

事前にローンを申し込んでおけば、慌てずに済むかもしれませんが、実際には試験結果によって、いつ・いくら支払う必要があるか、変わってきてしまいます。
想定していたよりも支出が増えてしまうことも。

キャッシング、カードローンでは、スピーディな審査対応で、申し込みの当日・翌日には審査結果が出るものも多くあります。
急いで手続きすれば当日中・翌日には現金が用意できるものも。
どうしてもお金が足りない場合は、受験や入学を諦めること無く、カードローンなどの活用も検討しましょう。

カテゴリー: キャッシング利用 | タグ: , , , , , , , , | 大学・専門学校・高校・私立中学などの受験料・入学金・学費の納入でお金を借りたい! はコメントを受け付けていません。

5月中旬もお金を借りるならキャッシング!給料日までの生活費、買い物、飲み代などに

5月中旬。
ゴールデンウィークが過ぎて、次の給料日までのあいだ、お金が足りなくなることが多い時期です。
節約しながら生活するのも一つの手ですが、そもそもお金が足りないときは節約しようにもできません。

どうしてもお金が無いと給料日までやっていけないようなときには、キャッシング・カードローンでお金を借りてみましょう。
生活していくのに困るほどお金が無いのに無理して暮らしていても、精神的・体力的に大変です。

収入と支出のタイミングは一致しませんので、キャッシング・カードローンを活用して、収入が一時的に追いつかないときには借入をしてカバーしましょう。
キャッシングで借りたお金の使い道は自由です。
生活費、買い物・ショッピング、飲み代・交際費など、自由に使えます。

カテゴリー: キャッシング利用 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , | 5月中旬もお金を借りるならキャッシング!給料日までの生活費、買い物、飲み代などに はコメントを受け付けていません。